不動産を決める時

不動産会社へ送るメール

不動産会社に断る時の適切な表現

何件かの不動産会社で物件を検討する場合、1つに決めなくてはならないため、当然断りメールや連絡をする必要があります。その際に、どういう風に言うと失礼がなく断れるかの参考までに、メールの場合で適切な表現の一例を載せていきたいと思います。まずは、名前を名乗り、見学をして検討した旨を伝え、必ず「この度は大変お世話になりました。」と「誠に申し訳ありませんが」を加えて今回は他社さんの物件に決めますという事を伝え、最後にお礼を言えば失礼なく丁寧な印象でお断りが出来るでしょう。

↑PAGE TOP