不動産を扱う就職先

不動産管理会社への就職

不動産管理会社就職に有利な資格

不動産管理会社への就職を考えている際に有利な資格2つがあります。それは、宅地建物取引士と管理業務主任者です。その理由としまして、どちらの資格とも有資格者しか行うことが出来ない契約書への記名、押印等の独占業務があり、有資格者がもし退職してしまった場合に備える必要があります。また、不動産管理会社には専任の主任者の設置義務もありますので、有資格者は非常に重宝されます。また、給与面でも有資格者は資格手当として1万円程度付く会社も多いようです。もし、就職をお考えであれば資格の取得を試みていただきたいと思われます。

不動産業界に向いている人

不動産業界に就職するのに向いている人は、接客が好きな人です。なぜなら、毎日多くの人と接することになるからです。物件を賃貸に出すオーナーをはじめ、借りたい人も毎日訪れます。そのため、人と接するのが好きな人にはやりがいを感じることができます。また、成果も見えやすいので、努力が好きな人にも向いています。仲介が成立したらそれが成果なので、目に見える目標をもって仕事を頑張ることができます。不動産業界に就職すると、法律知識も身に付きますので、自分で契約を結ぶ機械などにもその強みを発揮できるなど、プラス面が多い仕事でもあります。

↑PAGE TOP