不動産屋就職で有利に

不動産の就職といえば宅建

宅建で不動産屋への就職が有利に

宅建の資格を取っていると、不動産屋への就職が有利になります。この資格がなくても働くことはできますが、持っていた方が知識がある、やる気がある、能力が高いなどの理由で、持っていない人よりも評価は高まるのは当然です。営業所の中には、最低でも5人に一人の割合で持っていなければならないとされていますが、将来的に人が足りなくなった時に持っている人数が多い方が不動産屋にとっても良いです。一定程度の年数働いていると、試験の一部が免除となりますが、仕事が忙しくて働いている間に勉強ができないという事情もありますので、あらかじめ取得しておくと良いでしょう。

不動産会社に就職するということ

不動産会社に就職するメリットは給料が多い、能力次第で給料が上がるなどです。順調に仕事をこなせば年収1千万も夢ではないので、やりがいを感じるかもしれないです。また、会社内のチームで動くこともありますが、個人で業務をこなす機会のほうが多いので、能力次第で給料が上昇します。デメリットは不動産会社は土日に休めない、労働時間が長い、クレームがくるなどがあります。平日に休みをとれますが、土日はお客が多くやって来ることから、休みをとることはできないです。20時以降にもお客が来ることあるため、帰りは遅くなりがちです。あと、クレームも多いので精神的に疲れた時は、ストレス発散が必要かもしれないです。

↑PAGE TOP